カテゴリ:にっき( 1278 )

あけましておめでとうございます。引っ越しします。

あけましておめでとうございます。

突然ですが新しいブログを作りまして、そちらにお引っ越しをすることにしました。
これからも、どうぞ宜しくお願いします!

ヤマカミヒトミ

[PR]
by yamakamihitme | 2014-01-01 17:06 | にっき

ありがとうございました。

大晦日ですね。

12月中旬は、タイとラオスに旅行に行ってきました。
急遽立ち寄ることにしたラオスのルアンパバンという街、
空港を降りたとたん、なぜか涙があふれてとまりませんでした。。
遠くはなれたところにある、共感する場所。不思議です。写真など追ってアップしますね!

今年は、ここ数年のなかでもおおきな変化のあった年でした。

突然の出会いがあって、それがきっかけなのだろうな。
ウチで録音できる環境を作ってみました。
長いこと憧れていたことなんですが、今までふんぎりがつかなくて。
でも、突然PCを買い替えオーディオインターフェイスとスピーカー、ヘッドフォンを購入しました。
それにともなって自分の部屋の大整理。色んなものとさよならしました。
着なくなった洋服、難しすぎて一生使わないであろう教則本、いつか読むだろうと思っていた本。
そのうち、自分のなかに溜まっているコンプレックスやら悪い(と思い込んでいる)思い出にも気づき、ひとつずつ、さよならしました。
こうでなければ、ああでなければという思い込みも発見し、さよならするようにつとめてみました。
整理していたら、ずっと連絡をとっていなかった方たちのことを思い出し、あらためて連絡を取って会いに行ったり。
本当にいまこれがしたいのか?必要なのか?考えるようになりました。
漠然と飲んでいたお酒を飲まない日が増え、外食は減って、食べるものも変わりました。(そして体重が6キロほど、減りました。)
仕事の面では、いつかやってみたいと思っていたアレンジに関わることも初めて出来たし、自宅で声優さんの声を録音して納品する、なんていう依頼も頂き嬉しい限り。

あとは、喜怒哀楽をはっきり意識できるようになったことかな。。
私のことを知っている人は、「この人本当にしゃべらないな」って思ったこと、たぶんあるのではないかしらん。
今までは、自分を出さないことがマナーで、そうしないと人間関係うまくいかないと思っていたのです、本気で。
どうせ出さないのだから、感じる必要のないことは感じないように。。自分で自分を無視していたようなものですね。
でも、色んな場面がありますよね。
感じていること、それを言ってみること、伝えてみることはけして悪いことじゃない。
要するに、、全てが怖かったので、、
怖かったということがわかると、少し怖くない。
自分を自分で認めてあげる、ぜんぶひっくるめて、
そして、完璧であろうとする必要はないし、どっちにしても無理だし、というあきらめもつきまして。
ついぐるぐる考えてしまうのは性分だから否定する必要もないし、で、開き直るのもひとつの手だよね。と。

そんな2013年でした。
来年の4月で、以前のOL生活をやめて脱サラして、ちょうど10年になります、
よくぞ10年も続いたものだとびっくりしていますし、この状況のなかでの今までの数々のご縁になんと感謝していいかわからないほどです。
2014年は、やってみたいことが山積みで楽しみです。

このブログを読んでくださったみなさま、私に関わってくださったすべての方々、一年間ほんとうにありがとうございました。

来年がみなさまにとっても、素敵な年になりますように、お祈りいたします。
[PR]
by yamakamihitme | 2013-12-31 14:38 | にっき

お知らせ

最近、毎日いろいろと気づくことがドドドっと押し寄せてきてラッシュしています。
心の大掃除 といった感じ。
きっとまだまだあるのだろうな〜。

ところで 明日から一週間ほど旅にいってまいります。
その間 メールの返信など 遅くなるかもしれないのですが。
来週末には戻っている予定です。
[PR]
by yamakamihitme | 2013-12-13 15:13 | にっき

藤井暁さんのこと

エンジニアの藤井暁(さとる)さんが亡くなられたという知らせを受け取ったのは、11月22日の朝でした。

私はかつて hitme&miggy というインストのユニットをやっていたことがあり、CDも1枚リリースしているのですが、その録音をしてくれたのが藤井さんです。

藤井さんに最初に出会ったのは、naomi&goroのライブサポートの現場で。
そのとき、じつはワタクシbossa novaの有名曲とか、、ぜんっぜん把握してなかったのです。
銀座のアップルストアだったのですが、リハの時間がほとんどないまま開演10分前くらいになって、私はもの凄く焦っていました(笑)。
そのときの藤井さんの言葉「大丈夫、あと一時間もすれば、終わるから」(爆)!
ただ事実を述べることはかようにも説得力があるのですね。

演奏が終わったあと、藤井さんが「ひとみさんは普段どんなことをしてるの?」と聞いてくれて、インストのユニットをやっていて、、そうだ出来たらCDを作りたいんですという話をしたら、「じゃあ録ろうよ」と言ってくださり、私は「えっ、じゃあ!」とその場でお願いしちゃったのです。
藤井さんのエンジニアとしての経歴、ディスコグラフィーはもの凄い幅の広さで、日本だけでなく海外での録音も沢山されている、というのも全然知らず。

藤井さんがいなかったら、あのCDは絶対に出来なかったと思う。当時の私たちの予算や状況を考えると。本当に奇跡的なタイミングでお会いでき、録音が出来たのだ。
英語のライナーノーツを入れる、というのは藤井さんのアイディアで、このCDがどこに飛んでいくか分からないからね、と、夢をもうひとつパッケージに入れてくれた。


実はhitme&miggyのmiggyちゃん(宮嶋みぎわさん)とは、活動しなくなってからほとんど連絡を取ってなくて、というのもライブを今後入れたくないと言い出したのは私で、その理由がどうしてもうまく説明できなかったのが気まずくて、そのままになっていたのだ。その後彼女は作曲を学ぶためにNYに留学したり(そして今もNYに住んでいる、本当にバイタリティのある人なのだ)多分おたがい近況はなんとなく知っていただろうけど。

知らせを受け取った朝、わたしはすっかり気が動転して、誰かとしゃべらないとおさまりそうになかったので、NYのみぎわちゃんと2時間ほど、スカイプした。
最初はもちろん藤井さんの話だったけど、何年分かの近況報告がお互いできてとてもよかったのだなあ。。

そしてそのあと、
藤井さんが、また曲を作ってCD作りなさいよ、って言ってくれてるように感じたのです。あの笑顔でね。
後回しにしないほうがいいこと、やらなくちゃ、なのです。
[PR]
by yamakamihitme | 2013-12-01 22:13 | にっき

頭から、ハートへ。

久しぶりの更新です。

頭から、ハートへ。

これが目下のワタクシのテーマであるらしい。。

10代のころ、漠然と強く感じていた、知りたいことがありました。
ある分野に、答えがありそうだと思い、
学校で勉強したら分かるかもしれないと思って、大学に行かせてもらいました。
学び続けつつそれを色んな人とシェアして生きていけたらいいなーと、甘い考えを抱いてみたりもしました。
でも、そこでは分かることができず、学校じゃなくて実生活なのかな?と思って、就職しました。
7年間働かせてもらったあたりで、色々な出会いがあり、生活を変えました。
知りたいことは、ずっと同じでした。
それから9年、「ハート」という言葉を日常的に使う人があらわれました。
イスラム神秘主義の詩人ルーミーの本のなかに、「頭をハートにおろす」という表現を見つけました。
そんなことを考え始めると、練習方法も変わってきたりしていて、
頭でないパーツを使う方法を試しています。
ときどき、脳みそから悲鳴が聞こえます。
「もうやめて!(泣)」
「今までと同じでいいじゃない!今までそうやってきたんだから!」
もちろん嫌な場面だけでなく、今までになかったおおきな発見もあったりします。
腑に落ちるということばを実感しています。
アタマ ではなく 腑 なんですね。
カラダのなかにアタマがある、ということなのかな?
このブログでも時々書いている アレクサンダーテクニークは、身体の使い方の再教育、不必要な動きの癖に気づいてやめていくというものだと理解しているのですが、癖(=習慣ともいえるでしょうか?)をやめるのは、身体にとって相当抵抗がある場合があるのですね。

あと最近の欲求は、正直でいたいということ。
ときに、ものわかりのいいふりをしている自分、がおります。
瞬間瞬間、正直でいたいな。


最近、そんなことを考えています。
[PR]
by yamakamihitme | 2013-11-03 22:40 | にっき

夏、終わる

一ヶ月ぶりの更新です。8月のレポートです。

埼玉県上里市にある自然食レストラン「かぼちゃとやぎ」で演奏。この日は平岡遊一郎さん(ギター)とのデュオでした。呼んで頂くのは2回目、全くの生音で演奏できる数少ない場所です。暖かいお客様に囲んでいただき、とても嬉しかったです。サックスという楽器を説明する話のなかで、つい演歌のフレーズを吹いたところ大ウケでした(笑)

品川駅のイーストワンタワーロビーでも、演奏しました。ここは天井が高くて気持ちいい!まるで教会のような響きです。ブラジルの曲を中心に吹きました。ドリ・カイミの「porto」をやったり。この曲は、2006年にドリが来日した際に一緒に演奏して覚えた曲で、とても思い出深いです。あれも夏の終わりごろだったな。

e0113675_10424446.jpg
お誘いをうけて、山梨県の小淵沢に2泊3日で行ってきました。自然のなかで過ごすことは最高の贅沢ですね!夏休みっぽい夏休みを過ごしました。帰りに、道の駅で大量に野菜を、、とうもろこしやら、西洋ナス、おおきなズッキーニ、買い込みました。リハーサルにやはり買い込んだブルーベリーを持って行ったら好評でした^^


e0113675_10424610.jpg
予備校時代の先生宅を、当時の友達と一緒に訪ねました。
おおきなコーヒーロールを焼いてくださいました!延々と他愛のない話ができる幸せ。
この先生から以前大量に哲学書やら社会学書を頂いたことがあり、その中に「世界は音 ナーダ・ブラフマー」という本があったのですが、最近読み返して、昔読んだときは全然意味が分かってなかったなあと、でも今の気分にピッタリだなあと。。先生、20年かかっちゃいました(笑)でも大、大、大感謝です。


e0113675_10424628.jpg
箱根湯本の湯葉で有名なお店「直吉」でシンガーの大城蘭さんのライブに参加しました。こんな素敵なロケーションでした!音楽があるから行ける場所、いろんな場所に行かせて頂いてます^^


e0113675_10424753.jpg

e0113675_10424829.jpg

e0113675_10424974.jpg

e0113675_104251100.jpg

一十三十一さんのビルボード公演、東京、大阪に参加しました。
3月のライブと同じメンバーで、音のなじみ方が心に沁みて嬉しかった。なじみたい!私はなじみたいんです。(笑)
衣装提供はyuge、水色のスーツに白いスニーカーなんて初めてで新鮮だったなあ。
大阪公演では、イーリアンパイプ奏者の金子鉄心さんが見にきて下さいました。
翌朝は、やはりコンサートを見にきて下さった大阪在住の高校の先輩とランチ。新大阪駅の地下にこーんな素敵スポットがあるなんて。はぁー。



e0113675_10425282.jpg
余韻が残って、友達が遊びに来たときにまたお好み焼きを焼いたの図。



e0113675_10425369.jpg
Akikoちゃんの「ブラジリアンサマーナイト」コンサート@モーションブルー横浜、参加しました。
フルートだけでというリクエストで、アルトフルートも持っていきました。(大きいほうがそうです。)アルトフルートの音色は、吹いている私の心をも落ち着かせてくれます。
Akikoちゃんは、私にとっての最初のバンド「世田谷ジャンボリー」をやっているハタチくらいの頃からの知り合いです。その後ヴァーヴからデビューし何枚ものオリジナルアルバムを制作しているAkikoちゃん、ものすごいパワーを持った素敵な女性です。



e0113675_10425822.jpg

e0113675_10425942.jpg
シンガー市川愛さんとともに、福島県の二本松に行ってきました。
二本松は、高村光太郎の故郷で、「智恵子抄」の舞台です。おおきな山並みにかこまれた「空」が、ありました。
野外のイベントで、バーベキューや流しそうめんも、、流しそうめんって、一体、いつぶりだろう?
自然のなかで演奏するのは格別でした。お土産に頂いた桃の美味しかったこと!


e0113675_1043016.jpg

e0113675_1043174.jpg

e0113675_1043292.jpg
ブラジル大使館にて、リオブランコ国家勲章を受賞された小野リサさんの授賞式で、一緒に演奏させて頂きました。デュオでなかなか緊張しましたが、またとない素晴らしい空間、本当によい経験になりました。
紙ナプキンもブラジルカラー!久しぶりにドレスを着ました。

e0113675_10561069.jpg
長見順さん率いる「パンチの効いたオウケストラ」なんとスタジオレコーディングをしました!
翌々日にはジロキチでのライブ。満員御礼大盛況でした。
全員女性のバンドで、大先輩ばかりに囲まれドキドキしつつも和気あいあいと終了。今まで、自分は女性だから、この男性の多い音楽業界のなかで云々。。と感じていましたが、この日を境にそういうことを思うのはやめようと決めました。また、大勢の先輩たちがいてこそ自分もやれているんだと肌で感じ、有り難さとともに気がひきしまりました^^


来日していたブラジル人シンガーソングライター、アントニオ・ロウレイロのライブを見にいきました。本当に素晴らしかった!!いいものを見せて頂きました。日本人ミュージシャンの方々とのサウンド作りにも感動しました。一音も聞き漏らすまいとするお客さんたちの雰囲気にも涙が出そうになりました。
あの透明感!!
しばらく、脳裏から離れないと思います。
やっぱり音楽って素晴らしいし、素敵なものを生で聞く楽しみは何者にも代え難くて。自分もそういう空間を作ってみたいな、やってみたいな。
[PR]
by yamakamihitme | 2013-09-01 10:41 | にっき

音ひとつで幸せ

二週間前になりますが、小野リサさんのコンサートがありました。

東京は、国際フォーラムのホールC、大阪はピロティホール。
国内でのホールコンサートに参加するのは私はとても久しぶり。リハーサル前の下準備を初めてすこしだけお手伝いさせて頂き、今までは現場に行って演奏することをやっていたのが、すこし違う気持ちで参加しました。

リサさんの現場に関わらせて頂くようになりだいぶ経ちますが、もしかしてこの二日間は、初めて、とってもナチュラルに演奏できたかもしれません。
ありのままの状態を観察すること。無理をしないこと。
追いすぎないこと。。(ひとつひとつを追いすぎて自分に大変なプレッシャーをかけてしまうことが、よくありました。)

チェロの伊藤ハルトシさんとは初めてご一緒させて頂いたのですが、セクションワークがとても楽しかったです。ロングトーンは、音ひとつで幸せなのです。

今回は「japao2」の発売記念ということもあり、コンサートのラインナップの半分は日本語の曲でした。あとは世界各国の名曲、もちろんBossa nova。
浜口庫之助さんの「夢の中」、アンコールで演奏した「いのちの歌」、沁みて沁みて。。
涙をこらえつつ。

e0113675_713627.jpg

[PR]
by yamakamihitme | 2013-07-27 07:02 | にっき

実感したい

先日、ヴァイオリニストのSayakaさんと、初ミーテイングをした。
ミーティングっていうか、飲んだ、ということなんですが。
(最終的にたどり着いたのは恵比寿のバルで、ワインを開ける、てなコース。)

Sayakaさんはキューバに何度も渡航していて、ラテン音楽を主に活動の軸にしてらっしゃるヴァイオリニストです。
キーボーディスト、Yannyの半年間のアメリカ・カナダツアーに参加したこともあるという。
今はクラシックのオケにも参加しているそう。
ご自身のアルバムも多数。
とってもカッコイイ、素敵な、そしてその場に対して自然な音を弾くかたです。

彼女と最初に会ったのは数年前で、それから多分、10回も会っていないと思う。
一緒に演奏したことに至っては、、2回、、?
(5月に、JAZZ BATAでちゃんと一緒に初めて演奏した感じ。)
でも、、わかっちゃったのです。「あ、わかる」って(笑)。
演奏を聞いたときからは、でなくて会ったときから分かったと思う。

ゆっくり話す、という言葉がぴったりのテンポで、言葉を確かめながら話すことが出来た。
近況、クラシックのオーケストラの話、外国の音楽をやることはどういうことか、ジョシ的話題ももちろん含みつつ、いま聞きたい音楽はどんなのか、とか。。
話しながら、自分が考えていることにもアクセスできて、ずーっと突っ張っていた気持ちが、ほどけていきました。

外国の音楽をやることの話は面白かったな。
あと、どんな音楽を聞きたいか、どんな演奏を聞きたいかって話。

自分の気持ちとストレートにともにあること、
その場で素直でいること、のパワー(いわゆる力強さという意味ではなくね)ったらない。
言葉であんまり考えすぎても、っていうのもあります。
実感したいもん。

このブログだって、自分がPCで打った文字をネット上にアップして、
なんと言うか、、活字の状態でブラウザされるわけで。
どんどん違うものになっていく気がする、、
もう、みなさま一人一人に、手書きの手紙でも書きたい気持ちです。
うっとおしいか(笑)。すみません。
支離滅裂になってきたので、今日はこのへんで。。。

以前キューバに行ったときの写真です。
サンディアゴ・デ・クーバの街を昼間ぶらぶら散歩して、仲良くなったおっちゃんの家にお邪魔したら、こんなオチビちゃんがいましたよ。

e0113675_200885.jpg

[PR]
by yamakamihitme | 2013-07-26 13:06 | にっき

同窓会

こんにちは。

ここしばらく、すこしゆっくり(当社比)過ごしています。今までそんな時間を持つことに対して抵抗があったのだけど、だいぶん慣れました。
いろいろとたまったわだかまりを掃除してる、という感じ。。

変わらず、ライブ、レコーディングなどは続けております!
また別途、報告いたしますね。

先日、浪人してたとき通っていた予備校の友人との同窓会がありました。
予備校で同じクラスだった人たちって、友達になって今もつづいてるのって珍しいんだろうか。

本当に面白くて個性豊かな人たちで、近況報告をお互いすると、その後の経歴も今やっていることも環境も見事にバラバラ、でもどっかでつながっている感覚がある。
浪人って大体何者でもないわけで、これから何処かにすすんでいく?すすまない?って時期に、何がいい悪いではなくて、お互いの違うところを当たり前に受け入れつつお互いを応援しあう空気があったんだな。

その一年をきっかけに、当時読んだ本や考えたことが今の生活の(仕事って意味じゃなくて)軸のひとつになってるのです。
ほんとうに有り難い時間でした。(そして今も持とうと思えば持てる時間だって気づいた。)

何者でもないといえば、今も何者でもないのよねえ。。
何者かに、なりたかったんだな。自分。

みなさま、本当にありがとう!
また会いたいな。
[PR]
by yamakamihitme | 2013-07-24 09:09 | にっき

e0113675_21371035.jpg


実家の庭にある杏の木に実がつきました。
生の果実は、見た目よりもやわらかくてふんわりした食感です。

去年はあまり実がならなかったらしいのですが、冬に剪定をしたせいか今年はたくさん実をつけているみたいです。

剪定には、よけいな枝を切って見た目を美しくととのえるだけでなく、養分を効率よく利用させて生長を促進する目的もあるそうですが。。

人間も剪定が必要なときがあるかもね。。なんて、思いました。ふふふ。
素敵な実をつけられますよう。

今年はこれで、お酒を仕込んでみようと思います。楽しみっ。
[PR]
by yamakamihitme | 2013-06-03 21:37 | にっき


sax&flute player ヤマカミヒトミの日々。


by yamakamihitme

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

live schedule
profile
にっき
ブラジル旅行の巻
works(参加CDなど)
hitme&miggyのCD
contact / lesson

ブログパーツ

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧