カテゴリ:にっき( 1278 )

由紀さおりさんのアルバム「スマイル」

e0113675_23432687.jpg

3月末に発売になりました由紀さおりさんのアルバム「スマイル」、レコーディング参加させて頂きました。
プロデューサーは松尾潔さん、アレンジャーは川口大輔さんです。
今回は、フルートと、テナーサックスで。

ふだんはアルトサックスが多いので、テナーでのオファー、わくわくしました。
録音現場は、各々のパートのホンモノのプロフェッショルの方々による、心地よい緊張とリラックス感が入り交じった雰囲気でした。いろいろ勉強させて頂きました。

CDが届いて クレジットを見た瞬間 やっぱりとても嬉しかったです。

みなさま、ぜひぜひ チェックしてみて下さいませ!
[PR]
by yamakamihitme | 2013-04-12 23:51 | にっき

千葉な一日

千葉で年に数回、イベントを組んでくださっている十六夜jamのNOBUさんの企画で、昼間と夜二本立ての演奏をしてきました。

昼間は「のうそんカフェnora」
九十九里、一宮にある古民家を改装してつくられたカフェです。

e0113675_9214723.jpg


こんな場所で、くつを脱いで演奏しました。

今は畳と無縁の生活なのですが、実家は畳・障子・襖・床の間に欄間、といったつくりでしたので、子どものころを思い出したり、、日本家屋の「密閉されていない」感覚を、とっても自然に気持ちよく感じました。
ギターの平岡さんも私もPAを通さず、全くのアンプラグト演奏しました。

ゆったりと、しかし、しっかりとした時間の流れる場所。
出していただいた野菜たっぷりのランチ、身体にしみました。
店主の橋本さんありがとうございました。
自分は、どういうふうにこれから生活していきたいかな、、と
ふだんの東京での自分を思い返して。。


そして、夜は同じく一宮にあるキューバンレストラン「CANA」にて。
とってもカッコイイたたずまいの、一軒家のお店です。
お店の8周年記念でのパーティー&ライブでした。
とにかく飲んで!踊って!盛り上がりました〜

e0113675_9484622.jpg


大塚マスターご夫妻、本当にお世話になりました。
頂いたキューバンプレートも最高♡ミントたっぷりのモヒートも頂きました!

主催のNOBUさん、本当にありがとうございました^^
場所があったり、つないでくれる方、協力してくださる方がいることで
演奏できることは本当に嬉しいことです。
[PR]
by yamakamihitme | 2013-04-08 09:55 | にっき

しんねんど

みなさま、新年度ですね^^

3月末から4月にかけて、何かの一区切り、、という方も多いのではないでしょうか。

3月のいろいろを。
吉祥寺のタイ料理やさん、アムリタ食堂でのライブ♪
あっっ ヨコです。ごめんなさい。。
e0113675_13224138.jpg

初めて行った海外旅行がタイで、その後も何度か旅行しましたが、思い出に残ってるのは数年前のバンコクでのジャズフェスティバルに小野リサさんのツアーメンバーとして行ったことです^^
そのときに演奏した曲「サーイチョン」をこの日のメニューに入れました。
タイの国王ラーマ9世が作った曲で(ラーマ9世はジャズが好きで、サックスも演奏するそう)、タイでは有名な曲だということですが、、
タイ人のコックの方が、この曲のとき振り返って拍手してくださいました♪
アムリタ食堂は、カセットコンロス時代に何度かライブをさせて頂いたことがあったのですが、
一人になってからは初めてです。
お誘いいただいたスタッフの物江さん、いらして頂いたみなさま、本当にありがとうございました!

e0113675_13315951.jpg

モーションブルーで、イベント「Sound OLYMPIC」に出演しました♪
誘ってくれたのはピアノの永田ジョージくん、そしてギターの露木達也さん、トリオでの演奏でした。
リラックスムードで、自分の気持ちに素直に吹けた。。かな?
ブラジルの曲のカバーが多かったですが、他にHuman natureをやったり、ジョージくんのアイディアで、アンコールで卒業写真をやってみたり(ちょっと、ミナス風?にアレンジをしてみました)。
ジョージくんはこのイベントに、他のバンドでも今後出演予定だそうです。みなさまチェックしてみて下さいね♪

小野リサさんの新譜のレコーディングにもお邪魔しました。
6月にリリースされる「Japao2」の録音です。
音は空気を一瞬にして変えることが出来ます。。スタジオは、マイナスイオンで一杯でした^^
このアルバムの発売記念コンサート「小野リサ ジャポンツアー2013 ~日本の名曲とボサノヴァの夕べ~」が7月にあります。
私も参加させて頂くことになりました。
7月14日 東京国際フォーラム ホールC(問い合わせ・キョードー東京 0570-550-799)
7月15日 大阪森ノ宮ピロティホール(キョードーインフォメーション 06-7732-8888)
日本語を歌うリサさん。皆様ぜひぜひ体験しにいらして下さいませ♪


e0113675_13573551.jpg

ラテンジャズユニット「JAZZ BATA」のライブで福岡に行きました。
もともとめちゃ熱いサウンドですが、この日は更にすごいパワーでした!!
今まであまり縁がなかった「ラテン」ですがここに参加することでいろんなエッセンスを頂いてます^^最後は地元のミュージシャン入り乱れて大セッション!楽しかったな〜。。
ニューコンボというお店でしたが、とても歴史のある場所だそうで、何より居心地が最高でした。
5月17日、7月30日、東京は中目黒の「楽屋」でライブがあります。踊れますよぉ〜♪♪♪


e0113675_1358988.jpg

一十三十一さんバンドで演奏してきました^^
曲は音だけじゃなくて。
一十三さんの1曲1曲の世界、物語を想像してみる。
NONA REEVESの主催イベント、対バンは堂島孝平さん、Small boys。出番が終わったあとはひたすらお客として楽しんじゃった^^最後までひたすら面白かったなあ。
あっ、それ最近忘れてない?と自分にツッコむ日。
その前にある物語を味わって大切にしといても、いいよね。
終演後、楽屋でみなさまとの一枚です。


この4月から、あらたに生活のなかで何かが変わったという方も多いのでは?

わたしも、気持ちをあらたに過ごします〜!
[PR]
by yamakamihitme | 2013-04-02 14:08 | にっき

Egberto Gismontiのコンサート

ブラジル人の作曲家・ピアニスト・ギタリストであるEgberto Gismontiのコンサートに行ってきました。「JAZZ WEEK TOKYO 2013」というイベントで渋谷シアターオーブでの公演。

ステージに出てきた瞬間、立ってるだけでめちゃくちゃ格好の良い方でした。

ギターもピアノもダイナミクス、音色の種類の多いこと。。すごすぎ!

楽器というよりは自然の音。。雨や風、川、海、ひろいひろい大地の音、動物たちの声、、が聞こえるように思いました。

慈愛のある音たちでホールがだんだん満たされて。。

すっかり涙も出尽くして、
コンサートが終わるころには、はじまる前より体調が良くなったような。。

音楽を聞きにいったというよりは、日常を離れて素敵な景色を眺めに行った、そんな時間でした。


この映像でも弾いている「7つの指輪」も、プログラムにありました。
ああほんとうにいい時間を、ありがとう。。


[PR]
by yamakamihitme | 2013-03-30 09:04 | にっき

さくらのきせつ

さくらのきせつですね。
e0113675_14235342.jpg


はてさて、
3月8日をもって30ウン歳になりました。
先日、ある方が「ホント!20代にしか見えない」と
嬉しいことを言ってくださいましたがそれはそれで微妙かなとも思う
ワタクシであります。。
お祝いメール、お祝い電話、お祝いの品々、、ありがとうございました。

30ウン歳になったということは生まれて30ウン年たったということで、
両親には、いま本当に「生んでくれてありがとう」という気持ちなのです。
さらにいえば両親にもそれぞれ親がいるわけで、ずーっとさかのぼっていけたりするわけで、その人たちのおかげで自分が今いるのだと感じます。

いつもライブやレコーディングの話が多いので、今日は雑感的なことを。
嫌じゃなかったら、おつきあいくださいね。

人が人に何かを言う、あるいはする、という行為がありますが
果たして言われたことを聞いているか、
されたことを受け取れているか、
というのはまた別の話ですよね。

こほん。

ここ最近、ワタクシの周りの方々が、みな同じことをおっしゃいます。
遠回しだったり、他のことにたとえたり、
必要なこととして説明してくれたり、楽しいこととして共有しようとしてくれたり。さまざまな方法、方向で。
いや、最近じゃないかもしれないですな。
思えば何年も前から始まっていましたが、
それが加速度的になってきまして。
ついにはその要約を会って一時間程度で伝えてくれ
戸惑っているワタクシとその状態をシェアしようとしてくれる方まで
あらわれました。

その過程をもって。
ワタクシ、
聞いていない、受け取れていない自分に気づいてしまいました。。

ヒットミー、おそいぜ!
って言っているみなさんの声が今にも聞こえてきそうですが。。

なぜ聞けないか、受け取れないか、、
理由のひとつに 無意識のうちに自分が「束ねているもの」が邪魔を
していることに気づきました。

新川和江さんの詩で「わたしを束ねないで」という詩がありますが
その詩に共感して、自分もそうしてほしいと思っているくせに
私は色々な人を無意識にあらゆる方向から「束ねて」いるのに気づきました。
同時に「束ねたられたもの」で自分を見ていることにも気づきました。。

見渡す限りの金色の稲穂、
泉のありかをしっている風、
人をそんなふうに見て 接せるようになりたい。。
毎日まいにち 変わりますものね。
ある日と、この日と同じとは限らない。
瞬間瞬間をあたらしいものととらえ続けられたら。

辛抱づよく、ものを言い続けてくれたみなさま、
辛抱づよく、ものを言い続けてくれているみなさま、
なんとお礼を伝えたらよいか。。
本当にありがとう。



(それで。。
オーディオインターフェイスを買いました。
初めての機材類の買い物。ドキドキです。
ヘッドフォンも新調。
ケーブル類は、友達がプレゼントしてくれました。
今までとは違った時間の使い方がうまれています。
一ヶ月くらい前は全然そんなこと考えていなかったので
びっくりですよっ。)
[PR]
by yamakamihitme | 2013-03-24 14:27 | にっき

Sangatsu

e0113675_1021898.jpg
12日、茗荷谷のCafe e bar U_U(カフェ イ バール ユー)にて、演奏しました。
いつもお願いしているギタリストの平岡遊一郎さんとともに。

U_Uは、5〜6年前にとあるライブで楽器をレンタルしたときの担当者の方が紹介してくださいました。オーナーの民谷さんご夫妻の心づかいがすみずみまで行き届いてて心地よいです。
ウッディな内装で、空気の澄んだ空間。わたしは生音で、平岡さんは少しだけアンプを通して。
初めて、キース・ジャレットの曲を吹きました。
あと自分の曲も。。「空のはじまり」、
以前、サンセットという福岡のイベントを思い出して作った曲です。
満席のお客さま。本当にありがとうございました。
平岡さんとのデュオ、今月25日に吉祥寺アムリタ食堂であります♪♪



14日、渋谷JZ Bratで、You-yu Bounceのライブに参加しました。
メンバーのベーシスト青柳氏は、学生時代のサークル仲間。
卒業して10数年たちますが、あの雰囲気はメンバーの皆様のなかにはしっかり健在^^
学生ビッグバンドに所属するかたわら、ベースが弾きたくていわゆるバンドサークルにも顔をだしていたあたくし。譜面を読みコツコツ練習して作り上げるものと、耳コピで雰囲気・勢い重視のもの、両方やってみたかったんですね、たぶん。
そして、あらためて思う。バンドっていいな。。
でも、一緒に演奏しているかぎりは、バンドだなって思ってます。人数でもなく、音楽の種類でもなく、1回きりの演奏だとしても。そして、一人だとしても。バンドなのよね^^
いろんなこと、思い出させてくれました。。メンバーのみなさまありがとう。



17日、代田橋Chubbyで、シンガーソングライター青谷明日香さん主催のイベント「とっぴんぱらり Vol.3」
青谷さんの故郷、秋田で「とっぴんぱらりのぷぅ」ということばがあるそう。
「めでたし めでたし」「これでおしまい」という意味だそうです。
口ずさんでみると自然と笑顔になっちゃうような響き。。
青谷さんとは2回めの演奏。青谷さんの語り口、ことばの色を感じながら。
「異端児の城」「夜はミカタ」「あんべいいな」。。
どれも、こころあふれることばの海。

この日の対バンは、福岡在住の「とんちピクルス」さん
以前ライブを見たときに大感動しました。
こ、こんな表現があったのか!ひえええ という。
以来大ファンです^^
気になったアナタ!いろんなところでライブをやってらっしゃいますので
是非是非 体験してみてくださいね^^
腹がよじれるほど笑う じんわりこみあげてきて泣いちゃう
両方いっぺんに体験できます!

音楽っていろんなやりかたがあると思います。
一人でやる。複数でやる。自分の曲をやる。他の人の曲をやる。
わりかし、特定のジャンルをやる。そうしない。
楽器をつかう。自分の声で、歌をうたう。あるいは、そうしない。
やりかたに決まりは全くなくて、えらんでいるわけですが。
自分のありかた、をすみずみまで吟味した人の魅力ってあると思うのです。

春ですねぇ〜。
卒業したり入学したりあたらしい仕事をはじめたり引っ越したり。。
花をみあげたりお酒をのんだり(笑)。
みなさんは、どんな春を過ごしてますか?
e0113675_112024.jpg

[PR]
by yamakamihitme | 2013-03-21 11:03 | にっき

日々

3月です。

2年前の3月11日を忘れることのないように。
祈らせてください。

あたりまえは、あたりまえでなかったのだと、
そして今あるすべてに、こころから感謝して日々過ごすことを、選んでゆきたいです。
[PR]
by yamakamihitme | 2013-03-21 09:58 | にっき

ブラジルより一時帰国中の、熊本尚美さんライブ

e0113675_830920.jpg


23日、表参道プラッサオンゼに、熊本尚美さんのライブを見にゆきました。
熊本尚美さんは、ブラジル、リオデジャネイロ在住のフルーティストの方で、「ショーロ」というジャンルの音楽を専門に演奏されている方です。
去年ブラジルに行ったときに熊本さんには言葉に言い尽くせないほど、お世話になりました。

熊本さんのお名前は前々から知っていました。著書の「フルートとギターのためのショーロコレクション」というCDつきの本を読んだり、今回のように日本に来られたときのコンサートを見に行ったり。

ブラジル旅行を決めたあたりに、何人かの方を介して接点が出来、リオで熊本さんのお宅に(そのとき熊本さんはちょうど日本ツアーで、在宅されていなかったのですが)お世話になることになりました。
いちどベロオリゾンチに行き、戻ったあたりで熊本さんも日本から戻ってこられて、一緒にご飯を食べたり音楽の話をきかせて頂いたり熊本さんが教えているショーロの学校に連れていっていただいたり、、本当に濃い時間を過ごさせていただきました。

音楽をやると一言でいっても色々な選択肢があると思うのですが、好きな音楽を、現地に住んで現地のミュージシャンと演奏して生活するって、本当に凄いことだと思います。
道をつくりながらすすんでいる人生、カッコイイです。

そんな熊本さんの一時帰国中のライブ。
この日は、リオで熊本さん家に集合していたメンバーが、東京で再集結。
私はなんとステージに呼んで頂きセッションさせて頂きました。
初「ショーロ」でした。
この日、ピアノの中島徹さんが、ショーロの曲を取り上げたことはあるけれどもショーロはやったことがなかったというお話をされていましたが、実際なかに入ってみて、納得しました。
演奏するときの「マナー」というのかな?「やり方、ありかた」というのかしら。
なかに入ってみて初めて、その初めの一歩が見えた。。気がしました。
そして、この日は飛び入りのメンバーも沢山いたのですが、、
全てつつんでしまう感じ。つつまれてしまう感じ。
熊本さんが運んできた「ブラジルの風」を感じました。

熊本さんの日本ツアーこのあとも続くそうです。
ぜひこちらでチェックしてみて下さいませ!
http://www.naomikumamoto.com/
[PR]
by yamakamihitme | 2013-02-25 08:30 | にっき

パンチのきいたオウケストラ ライブvol.2

16日は、高円寺ジロキチにて、長見順さん率いる「パンチのきいたオウケストラ」二回目のライブでした。

全員女性のこのバンド。今回初参加の向島ゆり子さん(ヴァイオリン)、橋本一子さん(ピアノ)、そして飛び入り参加の浦朋恵さん(バリトンサックス)総勢13名でした!
e0113675_7283559.jpg


お客さんは超満員でめちゃ盛り上がり!!
順さんがMCで「全員、キャラクターがかぶってないね(笑)」と言っていました。

ふだん全員女性というシチュエーションがあまりないので、二回目ながら物凄く新鮮でした。
「オンナ」であることを最大限に楽しんだ一日。
(いつも、楽しんでいるつもりではいるけれど、もっともっと楽しめるね!)

順さん、メンバーのみなさま、お客様、よい一日をありがとうございました。
[PR]
by yamakamihitme | 2013-02-25 07:33 | にっき

「アートと音楽」

先週、東京都現代美術館での展示東京アートミーティング第三回「アートと音楽」を見てきました。

下の動画は今回の展示で一番好きになったセレスト・ブルシエ=ムジュノの作品「クリナメン」です。
流れのある丸いプールに色々な大きさの陶器がうかんでいます。
ランダムなタイミングで陶器どうしがぶつかる音は何ともいえない優しい音。ゆっくり陶器がプールを流れていく様子は見ていても飽きません。子どもも大勢、夢中になって見ていたなあ。
音程とか、物凄く計算されているのかな?それともその作りもランダムなんだろうか。
音の出るタイミングはけして規則的ではなくランダムなわけですが、その自然さが魅力なのかなあ。以前エルメート・パスコアールが「自然のなかの音は全て調和している」と言っていたインタビューがありましたが、そのような状態を人工的に作り出しているように感じました。




それからマノン・デ・ブールという人の映像作品で、ジョン・ケージの「4分33秒」を演奏しているものがありました。
4分33秒を演奏しているピアニストの映像。(楽譜はtacet、つまり何も演奏しない、という指示がありますので楽器としては無音の時間です。)それから、それを見ている会場のお客さんの映像。
「2回の4分33秒」という作品です。
映像を見ながら体験した4分33秒は、なかなか長く感じるものでありました。
その間に、会場の外で降っている雨や風の音も感じられます。
音楽ってなんだろう。
聞くことってどういうことだろう。
わたしにとって濃密な時間がながれました。
普段、4分33秒はいつもそばにあって、いつも体験しているはずなのに、気がつくとすっといなくなってしまいますよね。。
4分33秒の音のある曲を聞いて満たされる気持ちになることは勿論ありますが、音のない曲も同じように満たされる感覚をもつことが出来るのですね。
エグベルト・ジスモンチのインタビューを思い出しました。
「私自身は沈黙を愛する者だ。沈黙というのは、森林の奥深くの静けさ、それはバランスがとれた世界の象徴でもある」
東京のような街では、生活音がかなり大きいように感じることがあります。森林の奥深くとはいかないでしょう。。。静かな時間をもつということの意味を、考えてみたいと思いました。
ちなみにこの4分33秒の体験は、去年の3月に一週間行った「内観」(わたしが行った場所はこちら)で感じた印象と近かったです。(「内観」は吉本伊信という日本人が考案した純日本的な自分をみつめる方法で、この話はまた長くなりそうなので今日はこのへんで。。)
[PR]
by yamakamihitme | 2013-02-12 03:01 | にっき


sax&flute player ヤマカミヒトミの日々。


by yamakamihitme

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

live schedule
profile
にっき
ブラジル旅行の巻
works(参加CDなど)
hitme&miggyのCD
contact / lesson

ブログパーツ

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧