Brasil旅行(5)

7月24日、旅の四日目、リオデジャネイロ Rio de janeiro。

ちえこさんが、(この日も!)朝食を作ってくださいました。
e0113675_21305383.jpg


今回、可能なら体験してみたい、とほんわか、うっすら思っていたのが、ブラジルでも「天才」「奇才」と言われるミュージシャンHermeto Pascoalのバンドリハーサル&曲づくりの模様。
youtubeで以前見たその様子に大興奮していた私、もし今もやっているなら、体験したい!と思っていたのですが、本人にコンタクト出来るあてもなく、ホームページには情報は載っておらずという状態だったのですが、知人何人かを介して、Helmeto Pascoal Groupのベーシスト、 Itiberê Zwarg 氏が教えている学校があるという情報をゲット、彼のバンドでフルートを吹いているCarol という女性とfacebookでやりとりをすることが出来ました。facebookって本当に便利!辞書をひきつつ「わたし 日本人 サックスプレイヤー。行きたい ワークショップ 来週」といった恐ろしいポルトガル語でメッセージを送り、場所と時間を教えてもらいました。
この日の9時から13時まで、やっているとのことでMaracatu Brasilという学校に行ってみたのです。幸運にも滞在先のアパートから歩いていける距離。
e0113675_21305525.jpg


この日の9時から13時まで、やっているとのことでMaracatu Brasilという学校に行ってみたのです。幸運にも滞在先のアパートから歩いていける距離。
幸いにすぐCarolに会うことが出来、彼女が案内してくれた一室に、メンバーが次々と集まってきた。Itiberê Zwarg氏もあらわれ、Carolが紹介してくれる。なんと有難いこと!今日はItiberê Zwargグループのリハーサルだという。週に3回、ここでリハーサルしているそうな。

e0113675_2130575.jpg


メンバーはドラム、ベース/ピアノ、フルート/アルトフルート、フルート/ピッコロ、フルート/アルトサックス、テナーサックス、ヴァイオリン/ピアノ/トランペット、そしてリーダーのItibere Zwarg氏。女性が4人いたのが印象的。ミュージシャン、っていう人たちの雰囲気って確実に存在するのね。。と思いながら。。
リハーサルを聞きながら曲の構成やハーモニーを耳で追ってみるけど、自分の耳にとっては複雑で全然つかめない。それが何曲も続く。皆さん暗譜です。でも、一人一人がとっても自由に気兼ねなく音を出していることはよく分かる。しばらくして、一緒にやってみる?とItibere氏が声をかけてくれ、曲の本編はともかくソロスペースをフルートで吹かせてもらう。コードを教えてもらいついてくのですが、どれも難しかったな〜(笑)。普段にはない必死の集中力で、何とか。
私、ソロって苦手なんですが、、何か自分が引っ張らなくちゃいけないような気がしていて。でも、そこは、誰かが引っ張るでもなく、その時音を出している人どうしが聞き合って自由に物語をつくるスペースだった。最初のパレットの設定が多いんだなって感じました。ひとつの音、ひとつの物語でも、各々のミュージシャンが持っている選択肢の数が膨大なんです。ベースはルートを弾く楽器じゃなく、ドラムはリズムを刻む楽器ではなく、しかもアバンギャルドではなくて、遊んでいるというのともまた違って、とっても真剣で空気が澄んでいる。とっても充実した時間でした。こころから感激しました。それをね、自分の言葉ではとうてい説明が足りないのが悔しいところ。。
休み時間には学校の中庭で(ちいさな売店があって、ジュースやらお菓子を売っている)休憩。ケーキをコーヒーをすすめられていただく。いきなり来てこんなに良くしてもらってよいのかな〜。流れのあまりのスムーズさに、ちょっと怖くなってしまった(笑)。

e0113675_21305816.jpg


みなさんと。わたしが手にしているのは、新しいCD。なんとプレゼントしてくださいました!
リハーサルの後半もひきつづき、何曲か一緒にやらせてもらう。メンバーの皆が「Parabéns」(おめでとう!)と言ってくれる。とにかくみんなナイスな方たちでした!ありがとう、ありがとう、ありがとう。
e0113675_21305938.jpg


彼女がCarol。彼女に、皆さんの膨大な曲のメモライズについて聞いてみると「ワークショップに来れば、そのプロセスが分かるよ」とのこと。この日は火曜日で、二日後の木曜日はミナスジェライスに行く予定だったので、翌週に!という話をして、Maracatu Brasilを後にしました。

ゆっくり歩いて帰ったものの、滞在先のアパートの入り口から部屋の玄関まで、あまりの興奮に、たぶんスキップしていたと思う(笑)。

ひとしきり興奮がさめたころ、そうだせっかくRio de janeiroに来てまだまだ観光していないな〜 と思い、コルコバードの丘に行ってみる。
滞在先のラランジェイラスから、丘の下にある登山電車の入り口まで歩いてみる。登山電車の入り口はザッツ観光地!という雰囲気でにぎわっていて、30分ほど後の電車のチケットを購入。
登ったのが夕方だったので、丘の上に着いたころには日が沈みかけていましたが、、ライトアップされたキリスト像を見ることが出来ました。
丘から見下ろすRio de janeiroの街は、海岸線と街のあかりが、とっても美しかったです。
e0113675_2131051.jpg


e0113675_2131177.jpg


e0113675_2131271.jpg

Y
[PR]
by yamakamihitme | 2012-08-23 21:26 | ブラジル旅行の巻


sax&flute player ヤマカミヒトミの日々。


by yamakamihitme

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

live schedule
profile
にっき
ブラジル旅行の巻
works(参加CDなど)
hitme&miggyのCD
contact / lesson

ブログパーツ

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧